名刺

質をとるか金額をとるか自分に合った名刺印刷業者の選び方

名刺印刷で業者に渡すデータの種類

名刺を渡している人

オシャレな名刺を作成から印刷まで一貫して行ってくれるアドプリントで名刺印刷を依頼しましょう!お気に入りの名刺を印刷してくれるので、おすすめです!さらにアドプリントでは、売り上げ貢献の方法の記事も掲載していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?


名刺印刷を業者に依頼する時、スピード対応や格安料金で作ってくれるなど、様々なポイントに着目して選ぶことになります。そして実際に作るとなれば、デザインデータを業者へ納品することとなりますが、依頼先によっては取り扱っていないデータもあることに注意しなければなりません。
一般的には画像ファイルなどで納品するかと思いますが、デザイン系企業が名刺印刷を業者に依頼する場合、イラストレーターのファイルで納品することもあるでしょう。もしくはフォトショップで制作されたPSDデータなど、名刺デザインを作成したデータには様々な種類があります。これらデザインソフトを使用して名刺のデザインを制作した場合、大手など名の知れた名刺印刷業者であれば問題なく対応してくれるでしょうが、商店街に店舗を構える地域密着型の印刷業者となれば話は別になります。もしもaiデータやPSDファイルに対応していない名刺印刷業者の場合、どうしてもJPGなどの一般的な画像ファイルに書き出してから納品する必要があります。
JPGファイルでの納品となればさらに注意点が増えてきて、画像データは原寸大のサイズかつ350dip以上のファイルデータである必要があるなど、条件が発生します。このあたりの納品方法についてはしっかりと確認してから、名刺印刷業者に発注するようにしましょう。

名刺印刷は金額よりも質にこだわる

名刺とはビジネスシーンにおいて必要不可欠なアイテムであり、質素な名刺を相手先に渡すことになれば心象を悪くすることさえあります。そのため、名刺を作る際には金額よりも質にこだわって名刺印刷を行うことがおすすめとなります。
毎日のように名刺を配るようであれば、名刺印刷は質よりも金額を意識して業者選びをする方がコスト面でおすすめではありますが、名刺交換や配布が月に数回程度の頻度であれば質にこだわるべきです。金額面を重視して業者選びをすると、数百枚単位で印刷してもらった場合に後悔する場面が多くなります。特に数回程度の名刺交換をしない状況であればその傾向は顕著であり、「どうしてこんな名刺を作ったのだろう」と疑問を抱いてしまうことも珍しくありません。そのため、予め質の高い名刺を作ることによってその考えを生み出さないようにして、後悔をする可能性を1%でも減らす方がいいでしょう。
質を重視すればコストはかかりますが、相手に渡した時の印象も良くなります。名刺は企業や人物を表す鏡のようなものであるため、質の悪いものを手渡されてしまうといい気持ちはしません。第一印象は対面時において何よりも重要な要素であることから、初手から好感度を得るためにも、やはり質の高い名刺を印刷して準備しておくといいでしょう。

サンプルを配っている名刺印刷業者を選ぶ

料金体系の安さを特長に挙げている業者があれば、質の高いサービスを提供している業者など、多種多様な名刺印刷業者が数多く存在しています。その中で本当にいい仕事をしてくれる印刷業者はごく僅かではありますが、少しでも対応やサービスの良い名刺印刷業者を見抜くためには、サンプルを配布している業者が一つの指標となるでしょう。
特に無料でサンプルを配布している業者はハズレがなく、受け取ることで完成前のイメージを大まかに把握することができます。またサンプルを受け取ったことにより、文字やデザインに重大なミスや修正箇所がある場合に対応できるため、完成度の高い名刺を受け取ることができるのもメリットとして挙げられます。完成した後からミスが発覚すると修正することはできませんから、事前に確認ができることは何にも代えがたい強みといえるでしょう。
またサンプルを配布している業者は親切な対応をしているというだけでなく、その業者が自分たちの仕事に自信を持っているということの意思表示でもあります。完成前にクオリティを確認させることで、依頼主に良かったと安心感を与えることでリピート率を高めることが狙いであるため、サンプルを配布する名刺印刷業者であれば問題なく名刺を作ることができるはずです。

Post List